ヘアカラートリートメント1週間で綺麗に染まるその後週1ペースで

ヘアカラートリートメント1週間で綺麗に染まるその後週1ペースで

ヘアカラートリートメントの多くは使い始めの1週間目は、3日続けて使用します。その後は、週1、2回のペースで使用します。
なので、徐々に染まっていきます。その後は色落ちを防ぎ持続させるために週1、2回のペースで使用します。
一般的なヘアカラーは髪を脱色してから内部まで染料を浸透させるので約2か月と長期的に持続しますが、頭皮や髪の毛にとってはダメージが多きです。
ですが、ヘアカラートリートメントは髪を染めながら、美容成分でトリートメントしながら染めるの頭皮と髪へのダメージが少ない白髪染めです。
そこで今回は、ヘアカラートリートメントを初めてお使いになられる方に、最初の1週間とその後の週1ペースで行う使用方法をご紹介致します。
ヘアカラートリートメント1週間で綺麗に染まるその後週1ペースで

使い始めは3日連続、その後は週1,2のペースで

一般的なヘアカラーは髪を脱色してから内部まで染料を浸透させるので長持ちしますが、頭皮や髪の毛にとってはダメージが多きです。一方のヘアカラートリートメントは、髪の毛の表面だけに色をつけ、続けて使うことで徐々に色素を定着させていくので低ダメージで染めることが可能です。もちろん、脱色剤のようなツンとした臭いもありません。

そのヘアカラートリートメントの染料は、化粧品の半永久染毛剤に分類されます。また、半永久染毛剤のなかでも、大きく分けて「合成染料」と「天然染料」の2種類があります。この合成染料とは、HC染料」と「塩基性染料」のことで、それらは、商品の成分表にある「塩基性○○」とか、「HC○○」と表記されています。

合成染料って聞くと、なんだか安全なのか心配になります。が、医薬部外品に分類されるヘアカラーや白髪染めなどの「永久染毛剤」のように髪に浸透した薬剤の化学反応によって発色するのではなく、髪に浸透せずに髪の表面で発色するのでより安全と言えます。

ちなみに、HC染料は分子径が小さく、キューティクルの隙間から浸透するという特徴があります。そのため、キューティクルを開く必要がなく、髪の表面の内側まで染めることが可能です。分子間の力のみで吸着しているため、塩基性染料に比べると色落ちしやすいという弱点があります。

一方の塩基性染料は、アルカリ性染料のことで分子径が大きいため髪の内側まで浸透せず、髪表面に付着してイオン結合することで色を付けます。染料が「+(プラス)」の電化を帯びており、髪が「-(マイナス)」の電化を帯びている状態(pHがアルカリに傾いている状態)ほどよく染まります。 塩基性染料だけでは、色数が少ないため、HC染料のようにさまざまな色合いを出せないのが弱点です。

カラートリートメントで、「Wカラー処方でしっかり染める」とか「イオンカラー処方で髪や頭皮にやさしく染める」などと書かれている商品は、「HC染料」と「塩基性染料」のことです。

そして、ヘアカラートリートメントのもう一つの染料が「天然染料」です。天然染料は、クチナシやウコン・アナトーなどの植物由来の染料を使用します。頭皮にも優しく刺激が少ないのですが、天然染料だけでは十分に染まらず退色もしやすいのが特徴です。

合成染料・天然染料どちらのタイプでも続けて使うことで徐々に色を定着させる点で同じですが、髪や頭皮への刺激を抑えたいなら天然由来の色素に注目して選び、お出かけ前などにしっかり染めたいのならば合成染料だけのものを選ぶとよいでしょう。

多くのヘアカラートリートメントは、使い始めは3日連続で、その後は染まったカラーを維持するために週1、2回のペースで使用をしていきます。逆に週1,2回のカラートリートメントをしなくなると徐々に染めた色が退色していきます。

ですので、急なお出かけで一時的に染めたいが頭皮とダメージを与えたくないって方にはヘアカラートリートメントがお勧めです、1週間程度で染まり、その後も徐々に色が退色して行くからです。

 

ヘアカラートリートメントのメリットとデメリットはこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*