ヘアカラートリートメントとは!?メリットとデメリットを解説!

ヘアカラートリートメントとは!?メリットとデメリットを解説!

白髪があるだけで顔の雰囲気がコロッと変わって老けた印象を与えてしまいます。美容院に行くほど白髪は多くは無いし、それほどお金をかけたくないって方にはヘアカラートリートメントはお勧め。美容室のカラーリングは店によって違いますが、だいたい5,000円から8,000円です。タレントの武田久美子も愛用しているヘアカラートリートメントのルプルプは、ショートの方なら約6回使えて1,620円、1回あたり270円と格安です。でも美容院のように1回では綺麗に染まらないというデメリットもあります。
そこで、自宅で簡単にできるヘアカラートリートメントのメリットデメリットを詳しくご紹介致します。

ヘアカラートリートメントとは!?メリットとデメリットを解説!

メリットとデメリット

ヘアカラートリートメントは、使うたびに徐々に着色して白髪を目立たなくさせるのが特徴です。多くのヘアカラートリートメントでは、初めて使う方は3回連続使って、その後は週1、2回のペースで使用します。ですので、新しく伸びてくる白髪もある程度ごまかすことができます。

また、面倒な準備が不要で入浴時に手軽にできる事から、簡単に白髪を染められるのも人気の理由です。それに、お風呂と同時に染められるので忙しい主婦やOLの方にも好評です。セルフカラ―派の方にはこれまでの白髪染めのような面倒くささがありませんのでとても楽に感じられると思います。

ヘアカラートリートメントで知名度のあるルプルプや利尻ヘアカラートリートメントは、ベニバナ・クチナシ・ウコンなど植物由来の天然染料を使っているので頭皮や髪へのダメージが少ないのも人気の理由です。ですので、ヘアカラーによる髪や頭皮へのダメージが気になる方や、肌が弱く通常の白髪染めが使えない方がメンテナンス感覚で使う分には良いとも言えます。

しかも!ヘアカラートリートメントは、その名の通りトリートメント効果もあるので、頭皮や髪へのダメージを軽減しながらトリートメントもしているので非常に効率がよいヘアケア商品と言えます。

ただ、ヘアカラートリートメントもデメリットも知っておきましょう!

さき冒頭で申し上げたとおり、1回の使用で染まるものではありません。通常の白髪染めとは違って即効性がなく、一度使っただけでは白髪を染めきれないということです。繰り返すことで徐々に染まる白髪染めです。また、この染まり方も髪質や、コンディションなど個人差が大きく関係しています。ハリのある髪には何回やっても色が満足いくまで入らない事もあるようです。

ですので。ヘアカラートリートメントは、使うたびに徐々に白髪を染めていくものなので、黒髪をキープするためには繰り返し使う必要があります。

使い始めの数日間は色が定着するまで毎日使い続けて、白髪が目立たなくなれば間隔をあけて使用します。ルプルプや利尻ヘアカラートリートメントは、3回連続使って、その後は週1、2回のペースで使用をします。

急いで白髪を染めたい方には不向きですが、徐々に染まるので気の長い方や周りに気づかれたくない方にはいいかもしれません。

また、ヘアカラートリートメントは、やはりどうしても色の入り方にムラがでたりします。というのは、白髪だけではなく、全体に色が薄く入り続けるとダメージ部分は濃く、健康な毛や白髪には入りきらず返って目立つてことがあるからなんです。それに、しっかり染めたい時に、通常のヘアカラーを使うと、ヘアカラートリートメントが邪魔して上手く染まらない可能性が高くなったりします(^^;

もしヘアカラートリートメントを使うなら、バージンヘアでヘアカラーやパーマの経験が無い方、またはそれらの施術をしてから長い期間が開いている方には良いと思います。オススメは、美容室でキレイに染めて、メンテナンス感覚でヘアカラートリートメントを使うヘアケア方法です。

 

ヘアカラートリートメント「ルプルプ」の購入はこちら

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*